基本方針

1)発達、労働、生活に視点をあて、
  それぞれの人生の主人公になるように実践をすすめます。

2)利用者の人やものに関わる力をより高め、心と体の主人公になるように援助し、
  社会の一員として意見を表明する力や自己決定ができる力を大切にします。

3)障害や家族の状況に応じて、地域でケアーできる施設や体制づくりを目指します。

4)重い障害をもっていても通える場づくりを目指します。

5)療育、機能訓練、健康に配慮し、疾病が予防できるよう医療機関との連携をすすめます。

6)行政や団体、地域の人々と連携し、ノーマライゼーションの運動をすすめ、
  障害者が地域で普通に安心して暮らせる地域づくりを目指します。